登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

22/11/2010 
ページ 1 / 3 次へ » 

インタビュー:パク

パク・チソンはシーズン開幕当初の自身の不振を認めたが、今は完全に復調したと言う。多才なウインガーは、最近の試合で終盤に貴重な得点を挙げるなど、チームに不可欠な存在であることを改めて証明しており、20日のウィガン戦でも、勝利に貢献することを目指している。

今シーズンの始めは不調だったようですが、10月頃から復調しましたね。何が変わったのでしょう?
確かにシーズンが始まったときは自分のパフォーマンスに満足していなかった。メンタル面での問題だったね。10月に代表の試合のために韓国に戻った時、ゲームには出場しなかったけど、ファンから温かい声援を受けたんだ。友人や家族も僕を励ましてくれた。マンチェスターへ戻れば、また良いプレーができるよってね。それから調子を取り戻すことができたんだ。現在のプレーには満足しているよ。

今シーズンはここまで4ゴールを奪っていますが、目標はありますか?
10点取れれば満足だよ。それを目指してプレーしていきたいし、もう4点奪っているので、十分可能な数字だと思う。攻撃に関して僕は何ら変わったことはしていない。監督からも楽しんでプレーしろという以外は何も指示されていないしね。だからリラックスしてプレーできているんだ。

MFはもっとゴールを奪ってもいいと思いますか?
そうだね。MFが点を決めれば、FWのプレッシャーを軽減できるはずだ。たった1人の選手に頼っていると、その選手がけがをした時にチームはダメージを受けてしまう。ユナイテッドのMFはみんなそういうことを理解しているし、僕自身も含め、向上心を持って戦っているよ。

ページ 1 / 3 次へ »