登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

ファン・ハール氏の足跡
現役時代:ロイヤル・アントワープ、テルスター、スパルタ・ロッテルダム、AZ
監督歴:アヤックス(91-97)、バルセロナ(97-00)、オランダ代表(00-02)、バルセロナ(02-03)、AZ(05-09)、バイエルン(09-10)、オランダ代表(12-14)
アヤックス獲得タイトル:UEFAカップ(91-92)、KNVBカップ(92-93)、エールディヴィジ(93-94、94-95、95-96)、UEFAチャンピオンズリーグ(94-95)、UEFAスーパーカップ(95)、インターコンチネンタルカップ(95)
バルセロナ獲得タイトル:リーガ・エスパニョーラ(97-98、98-99)、コパ・デル・レイ(98-98)、UEFAスーパーカップ(97)
AZ獲得タイトル:エールディヴィジ(08-09)
バイエルン獲得タイトル:ブンデスリーガ(09-10)、DFBポカール(09-10)

19 May 2014 

監督プロフ:ルイ・ファン・ハール

ユナイテッド新監督への就任が決まったルイ・ファン・ハール氏は、指導者としての輝かしいキャリアをオランダで始め、その後、世界的なビッグクラブの指揮を執った。

監督としては3カ国のクラブチームで国内リーグを獲得し、若い選手主体のアヤックスでUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップ制覇を成し遂げた。現在62歳のファン・ハール氏は、ワールドカップ・ブラジル大会でオランダ代表を率い、2度目の代表で優勝を目指す。

1951年8月8日にアムステルダムで生まれたアロイーシウス・パウルス・マリーア・ファン・ハール氏は、20歳の時にアヤックスに入団。オランダの名門クラブのファーストチームでプレーする機会は与えられなかったが、それ以降トータルフットボールの精神が彼から消え去ることはなかった。

ベルギーのロイヤル・アントワープに移籍したものの、4年後にはオランダに戻り、テルスターに移籍。スパルタ・ロッテルダムで8年プレーした後AZに短期間所属し現役を引退した。

引退後はAZで指導者としてのキャリアをスタート。当時のチームは流れるようなパスを回し、才能に溢れる若手を積極的に起用。熟練した細かな戦術が大きな効果を上げ、世界でもトップレベルの試合をするチームと評された。

AZから離れると、アヤックスの伝説とされるレオ・ベーンヘッカーの下で指導者としての経験を積んだ。そして1991年、ベーンヘッカーの後を継ぐ形で監督に就任。当時のアヤックスは1970年代の黄金期から長年タイトルに縁の無いシーズンを送っていたが、ファン・ハール氏はエールディヴィジで3連覇を達成すると共に、UEFAカップ優勝も果たす。そして何よりも大きな功績となったのは、大会規定の変わったチャンピオンズリーグでの優勝だ(1995年)。アヤックスにとっては実に20年ぶりの欧州制覇となった。

後にユナイテッドのスターGKとなるエドウィン・ファン・デル・サール、デ・ブール兄弟、フランク・ライカールト、エドガー・ダーヴィッツ、クレランス・セードルフ、マルク・オーフェルマルス、パトリック・クライファートら若手を起用し、決勝で強豪ミランを撃破。それだけの成果をあげた監督を世界のビッグク

ページ 1 / 2 次へ »