登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

13/05/2014  Report by B Hibbs & A Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

ギャラリー:リオの12年

リオ・ファーディナンドは12年間に渡りユナイテッドの中心選手として活躍し、1990年代に築かれたクラブの黄金時代の維持に貢献した。

2002年にリーズからユナイテッドへ移籍したファーディナンドは、批判を受けながらも、優勝をしたいという理由からユナイテッドへの移籍を決意しただけのことはあり、1年目の2002-03シーズンでいきなり優勝。その後3シーズンはアーセナルとチェルシー(2回)に優勝を譲ったが、最終的にはファーガソン元監督が言うところの最強チームの一員としてプレーし、再度優勝を果たした。

結局ファーディナンドは2006年から2009年にかけて、プレミアリーグ3年連続優勝に貢献したが、特に2008年はチャンピオンズリーグとの2冠も達成。翌シーズンにはFIFAクラブワールドカップも獲得した。このシーズンのファーディナンドはキャプテンとしてチームをけん引し、チームの大黒柱としての存在感を放っていた。またCBでコンビを組むネマニャ・ヴィディッチがキャプテンを務めるようになったあとも、スピードとパワー、そして戦術眼とポジショニングを武器に守備の要として活躍した。

ページ 1 / 2 次へ »