登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

20/03/2014  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:苦難の末の光明

3-0で勝利したオリンピアコス戦を振り返る。

試合総括:2週間前にアテネで見せたプレーとは別人のようなプレーをオールド・トラッフォードで披露。流れるような攻撃、そしてユナイテッドが本来持つ闘争心を前面に押し出すパフォーマンスで勝利。ギリシャサイドが圧倒的に有利だったものの、25分にロビン・ファン・ペルシーが先制ゴールを決めると、“何か”が起こる予兆が感じられた。

ゴールシーン:PKにより先制すると、前半終了間際にはウェイン・ルーニーからのグラウンダーのクロスをオランダ人ストライカーが押し込み2-0。そして3点目はFKから生まれた。ファン・ペルシーのFKにロベルト・ヒメネスも反応出来ず、印象に残るハットトリックが生まれた。

スターマン:ファン・ペルシーをあげるのは当然だが、ダビド・デ・ヘア、ダニー・ウェルベック、アントニオ・バレンシア、ライアン・ギグス、ルーニーの貢献も光った。

サイドストーリー:最近の不調、そして標準以下のパフォーマンスからデイヴィッド・モイーズ監督の進退問題が噂されたが、この日のパフォーマンス内容、チャンピオンズリーグ・ベスト8進出という結果により、そうした噂も消えるだろう。

ページ 1 / 2 次へ »