登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

26/03/2014  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:ダービー連敗

オールド・トラッフォードで完敗を喫したマンチェスター・ダービーを振り返る。

試合総括:デイヴィッド・モイーズ監督は自信を持ってシティー戦に臨むと話していたが、エディン・ジェコに試合開始早々に先制点を許すと後手に回り、主導権を握れなかった。マルアーヌ・フェライーニ、フアン・マタに得点機もあったが、両者のシュートは決まらず。後半開始から香川真司を投入するも、ジェコに2点目を許し、アントニオ・バレンシアを起用するも流れは変わらず。ヤヤ・トゥレにも終了間際に得点を決められ、完敗した。

ゴールシーン:開始から45秒にダビド・シルバに侵入を許すもラファエウがカット。セカンドボールからサミル・ナスリがシュートまで持ち込み、ポストに弾かれたボールを詰めていたジェコが簡単に押し込み先制。2点目はナスリのCKにジェコが飛び込み、今季20ゴール目を奪取。トゥレはボックス内でボールを受けると、空いていたスペースを使って冷静にシュートを決めた。

スターマン:ウェイン・ルーニー。CFとしてフル出場し、守備の為にピッチを下がり、攻撃時には全力で前線に走るなど貢献した。

サイドストーリー:地元の威信、プライド以外にも賭けるものがあった。ユナイテッドにとってはヨーロッパリーグ出場権獲得、シティーは4-1で勝利したホームゲームに続き、ダービーでのダブル(連勝)という目的意識があっただろう。

ページ 1 / 2 次へ »