登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

09/03/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:バギーズに快勝

アウェーで快勝したウェスト・ブロムウィッチ戦を振り返る。

試合総括:ウェスト・ブロムウィッチを相手に格の違いを見せつけたと言える。ロビン・ファン・ペルシーのFKからフィル・ジョーンズの先制点が生まれると、後半はオリンピアコス戦では見られなかったパス交換からチャンスを作り、ウェイン・ルーニー、ダニー・ウェルベックが追加点を記録。ホームでのオリンピアコス戦、そして上位陣とのリーグ戦に向け、良い準備になったと言えるだろう。

ゴールシーン:先制点はラファエウがクリス・ブラントにボックスの縁で倒されて得たFKから生まれた。ジョーンズがマークを外してファン・ペルシーのFKのコースを変えて押し込むと、ルーニーはマタとの連携から前線に走り、ラファエウのクロスに触るだけのゴールを記録。3点目はマルアーヌ・フェライーニ、マタ、ルーニーと経由し、ウェルベックが決定的なゴールを決めた。

スターマン:右SBとして終了間際までプレーしたラファエウのプレーがチームに落ち着きを与えた。その他BT Sportはマイケル・キャリックをマン・オブ・ザ・マッチに選出。マタは攻撃参加の他、ヴィクター・アニチェベがゴール前に出したグラウンダーのクロスを間一髪のところでクリアーするなど、守備でも貢献した。

サイドストーリー:サー・アレックス・ファーガソンにとってのラストマッチでは5-5の打ち合いとなったが、今節のバギーズ(ウェスト・ブロムウィッチの愛称)は同様の乱戦に持ち込むだけのチャンスを作れず。低迷する両チームの監督にメディアはプ

ページ 1 / 2 次へ »