登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

04/03/2014 

ヤヌザイのヒーロー

アドナン・ヤヌザイが自分のヒーローについて語った。

小さい頃はジネディーヌ・ジダン、フアン・ロマン・リケルメ、カカーが好きだった。ひとりだけを選ぶのは難しいけれど、特にこの3人には注目していた。プレースタイルが好きだった。ジダンがワールドカップ優勝を果たした1998年はまだフットボールを理解するには小さすぎたけれど、後年のプレーは沢山見たね。

本当にフットボールが好きだったから、最初はプレーを見ているだけで良かった。たとえばロナウジーニョのような選手がプレーしていれば、彼のクオリティが高いことが分かるから、見たいと思うよね。でも僕は左利きの選手だけに注目していたわけじゃなかった。クリスチアーノ・ロナウドやデイヴィッド・ベッカムなど右利きの素晴らしい選手も沢山いたからね。今はユナイテッドで素晴らしい選手たちに恵まれているから、毎日学べている。

ジダンやリケルメ、カカーは全員10番をつけていた。10番の選手に一番憧れているね。キャピタルワンカップのノリッチ戦では10番のポジションでプレーしたけれど、本当に楽しかった。でも僕はサイドでもプレーできるし、サイドにも慣れたよ。リザーブではFWも経験しているし、僕は複数のポジションでプレーできる。僕はまずチームのためにベストを尽くしてプレーする。あと僕はチャンスを勝ち取るまでに努力を続けてきた。監督からチャンスをもらえたから、今は全力で実力を証明しているんだ。

【関連記事】
トリックボックス:2月