登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

08/01/2014  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:苦難の連続

2-1で敗れたアウェーでのサンダーランド戦を振り返る。

試合総括:前半中盤からハーフタイムにかけて攻勢だったのはユナイテッド。ライアン・ギグスのシュートはバーに当たり、アドナン・ヤヌザイのゴールもオフサイドと判定されたが、確実に流れはユナイテッドにあった。だが、FKからウェズ・ブラウンが上げたクロスにギグスが誤って触れ、結果オウンゴールで失点。後半早々にネマニャ・ヴィディッチのヘディングシュートが決まって同点としたが、トム・クレヴァリーがアダム・ジョンソンをペナルティエリア内で倒したとアシスタントレフェリーが判定し、サンダーランドにPKが与えられた。
勝ち越された後もヤヌザイが果敢に相手陣内に切り込んだが、追加点は生まれずドロー。しかし、オールド・トラッフォードで行われる第2戦の結果次第で決勝に勝ち上がれるチャンスは残っている。

ゴールシーン:クレヴァリーのCKにヴィディッチが好反応。ジョン・オシェイ、ウェズ・ブラウンの間を縫うように飛び込んで決めた。

スターマン:昨年10月のリーグ戦と同様、ヤヌザイのパフォーマンスが光った。ファビオ・ボリーニがPKを決めた後も惜しいシュートを放つなど、才能を発揮してみせた。

サイドストーリー:サンダーランド先発には、かつてユナイテッドでプレーしたオシェイ、ブラウン、フィル・バーズリーが並んだ。ユナイテッドは2001年以降初となる3連敗を喫したが、この屈辱を胸に刻み、ホームでの第2戦に臨む。

ページ 1 / 2 次へ »