登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

02/01/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:スパーズに敗戦

2-1で敗れたホームでのトッテナム戦を振り返る。

試合総括: トッテナムのカウンターアタックに苦しめられた一戦。前半エマニュエル・アデバヨールのヘディングで先制を許したユナイテッドは、66分にもクリスティアン・エリクセンに追加点を許した。ダニー・ウェルベックが直後に1点を返したものの、ウーゴ・ロリスが守るスパーズゴールを崩せなかった。

ゴールシーン:ウェルベックは直近5試合で5ゴールの活躍。2点を追う展開となってすぐに1点を返した流れは、昨シーズンのスパーズ戦(ホーム)でも見られた流れを思い起こさせた。

スターマン:ウェルベックは試合序盤にマイケル・ドーソンの背後に抜け出し決定機を迎えるなど、パフォーマンスレベルの高さが目立った。アドナン・ヤヌザイも1-2となってから惜しいシュートを放った他、攻守に渡り試合終了まで走力を落とさなかった。

サイドストーリー:アデバヨールを起用したティム・シャーウッド監督の采配が的中。上位との差を縮める為にも勝利が求められたユナイテッドだったが、残念な結果となった。

対戦相手分析:ロベルト・ソルダードとアデバヨールのアタッカー2枚を前線に起きながらも、後半からはアーロン・レノンのスピードを生かし、2点目を獲得。DFドーソンも固い守りでユナイテッドの猛攻を凌いだ。

ページ 1 / 2 次へ »