登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

23/01/2014  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:準決勝敗退

ユナイテッドはサンダーランド戦に敗れキャピタルワンカップ準決勝で敗退。

試合総括:見ていたサポーターの感情がすり減るような試合だった。それでも尚、ユナイテッドはウェンブリーでの決勝に駒を進められなかった。フィル・バーズリーのゴールが延長後半終了間際に決まり、もうダメかと思われた直後、ハビエル・エルナンデスが起死回生のゴールを決め、決着はPKに持ちこされた。しかし、勝ったのはサンダーランドだった。

ゴールシーン:アドナン・ヤヌザイのCKをダニー・ウェルベックがコースを変え、ジョニー・エヴァンスが頭で押し込み先制。エヴァンスは今シーズン2ゴール目となる得点を記録した。延長戦では滅多に見られないダビド・デ・ヘアのミスから失点したが、チチャリートがチームを救うゴールを120分に決めて見せた。だが、PKではダレン・フレッチャー以外のキッカー全員が外し、ユナイテッドの敗退が決まった。

スターマン:18歳ながらも大舞台に動じないヤヌザイのパフォーマンスが光った。ファビオ・ボリーニ、マルコ・アロンソに身体を強く当てられながらも、ヤヌザイのトリックは消えず、エヴァンスの先制点に繋がるCKを披露。シュート数は少なかったかもしれないが、その自信は全くと言って良い程なくならなかった。ラファエウ、そしてチチャリートのプレーも上々のプレーを披露した。

サイドストーリー:復帰から8試合目にしてフレッチャーが主将を務めた。しかし感傷的な場面は一切見せず、フレッチャーは試合後、「素晴らしい瞬間だけれど、勝てなければダメージも大きい」と語った。

ページ 1 / 2 次へ »