登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

20/02/2014  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

ヨーロッパでの意外な戦い

ユナイテッドのヨーロッパでの戦いは基本的にビッグクラブとの対戦になるため、ファンも記憶にとどめていることが多いだろう。

しかし、時として小都市のクラブや意外なクラブとも対戦している。ここにそのいくつかを紹介する。

ASKフォルヴェルツ0-2ユナイテッド
1965年11月17日
ユナイテッドが対戦したクラブの中ですでに存在しないクラブが2つあるが、そのうちのひとつがASKフォルヴェルツだ(もうひとつはデュクラ・プラハ)。このクラブは東ドイツ側のベルリンに存在していたため、アウェー戦は貴重な体験となった。尚、スタジアムは「硬いピッチ、厳しい風と寒さ」と後に述懐されている。東ドイツ軍属のクラブだったフォルヴェルツはユナイテッドを苦しめたが、72分にデニス・ロウがゴールを決めると、その後ジョン・コネリーが追加点を決め、ほぼドイツ人だけで埋まったスタジアムで勝利を収めた。ちなみに当時はベルリン駐在の英国人がチェックポイントを越えて東側に入ることは許されていなかった。

ハイバーニアンズ・ヴァレッタ0-0ユナイテッド
1967年9月27日
第1戦を4-0で勝利していたユナイテッドはマルタへ向かい、アウェーの第2戦を迎えたが、両チームとも暑さと石灰質のピッチに悩まされ、パスも上手く繋がらず、得点のチャンスも作れないまま0-0で試合を終えた。最高の試合を期待していたマルタ島のファンはこの結果に満足せず、引き揚げるユナイテッドの選手たちに野次を飛ばした。

ページ 1 / 2 次へ »