登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10/02/2014  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:溜まる苛立ち

オールド・トラッフォードでのフルアム戦を振り返る。

試合総括:あまりにもフラストレーションが溜まる試合だった。ポゼッションでは相手を圧倒したものの、ゴール前での信念と実行力、はたまた運が足りなかったとでも言うのか? 前半フルアムに喫したゴールは守備が緩過ぎた。失望感はロビン・ファン・ペルシー、マイケル・キャリックがゴールを決めて一度は消え去ったが、その勢いも虚しくダレン・ベントに同点ゴールを許してしまった。

ゴールシーン:プレッシャーをかけてはいたが、ゴールは生まれないのではないかとも思われた。フアン・マタのアシストにより78分にファン・ペルシーが同点ゴールを決め、その直後にはキャリックのシュートがディフレクトしながらもゴールネットを揺らした。しかし集中力の欠如が残念な結果を呼びこんでしまったと言わざるを得ない。

スターマン:活躍が目立った選手は特にいなかったが、アシュリー・ヤング、マタはチャンスメークに徹した。もし勝てていればキャリックの活躍がユナイテッドに勝ち点3をもたらしたと言えたはず。

サイドストーリー:前ファーストチームコーチで、現フルアム監督のレネ・メウレンステーンがオールド・トラッフォードに帰還。また、先日ユナイテッドから完全移籍したライアン・タニクリフェ、ラーネル・コールも出場。そして元ユナイテッドのキーラン・リチャードソンも先発出場した。

ページ 1 / 2 次へ »