登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

20/02/2014 
ページ 1 / 2 次へ » 

ビュットネルのヒーロー

アレックス・ビュットネルが少年時代のヒーローについて語った。

「小さかった頃はヨハン・クライフがヒーローだった。僕はまだほんの子供だったし、現役時代の彼のプレーは一度も見たことがないけれど、父親のDVDで見た。オランダ人ならほとんど全員が彼のDVDは持っていると思うよ。高いスキルを持つ素晴らしい選手だ。スピードもあるし、得点力もある。しかも簡単そうにプレーしていた。彼は僕と同じアヤックス出身だけれど、彼の自信の大きさは僕に大きな影響を与えたね。しかもオランダ人だから本当に僕にとってはアイドルだった。彼とマルコ・ファン・バステンがオランダの誇る偉大な選手だと思う。クライフは本当に最高の選手だね」

「ディエゴ・マラドーナはスピードとスキルがあり、得点力も高かった素晴らしいドリブラーだったと思う。彼の試合を見ると、彼が受けていたタックルの酷さに驚かされるね。今より激しいタックルだよ。でもそれにも負けずにボールを持ったままドリブルを続け、ゴールを決めてしまう。その勇敢さを尊敬している。1986年のワールドカップ、対イングランド戦の「神の手」ゴールと5人抜きゴールは凄かったね。今でもDVDやYouTubeで見直すことがあるよ。彼の本も持っている。素晴らしい選手だった」

「子供の頃はロナウドの名前が入ったブラジル代表のレプリカユニホームを持っていたんだ。彼もスピードとスキルを併せ持った素晴らしい選手だったね。マラドーナと同じで、タックルを恐れずにどんどんドリブルを仕掛けていった。僕も若い頃は1対1の状況で彼と同じようなプレーをしようと心掛けていた。1998年のワールドカップの準決勝、ブラジル対オランダのロナウドのゴールを憶えているよ。2002年にはワールドカップ得点王にもなったよね。ロッカールームで彼のプレーをYouTubeで見る時があるけれど、どの試合もゴールを決めていたように思える。彼がオールド・

ページ 1 / 2 次へ »