登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

04/12/2014  Report by Alex Urquhart-Cannon
ページ 1 / 3 次へ » 

テクノロジーの恩恵

プレミアリーグのゴールラインテクノロジーは昨シーズンの導入後、多くの場面で役立っており、ゴールか否かという議論や疑念を取り払っている。

ユナイテッドでは、サポーターや選手、そして監督などがこのようなテクノロジーの導入の必要性をここ数年に渡り訴えていた。また、どのクラブのサポーターも過去の誤審を憶えているだろう。

とはいえ、ユナイテッドがゴールラインテクノロジーの恩恵を受ける機会はほとんどなかったが、ここ2度程そのテクノロジーによって勝利を手にしており、結果的にチームが好調の波に乗れている。

まずそのひとつはハル戦で、ゴールラインテクノロジーによってクリス・スモーリングのシュートがゴールと認められた。GKアラン・マクレガーがキャッチしたようにも見えたが、判定の結果一度ゴールラインを越えていたことが明らかになった。

緊張感が漂っていたが新たなテクノロジーによってそれが喜びに変わった。スモーリングは「最初はゴールじゃないと思ったんだ」と振り返っている。このような疑念が審判に生まれ、その結果、誤審によって

ページ 1 / 3 次へ »