登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10/04/2014  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:ユナイテッド敗退

アウェーでのバイエルン戦を振り返る。

試合総括:57分にパトリス・エヴラの先制ゴールが決まるまでは両チーム互いに警戒状態が続いたが、ゴールが決まると試合も急速に動き出した。バイエルンはマリオ・マンジュキッチ、トーマス・ミュラー、そしてアルイェン・ロッベンが立て続けにゴールを決めて勝ち上がりを決めた。負傷したつま先に痛み止めの注射を打って強行出場したウェイン・ルーニーは、前後半共にシュートチャンスを得たが、負傷の影響からか本来の力強いシュートは見られなかった。

ゴールシーン:エヴラの左足によるシュートが素晴らしかっただけに、3-1での敗戦は残念極まりない結果と言える。試合の流れを取り戻す必要があった王者バイエルンは、無慈悲な形でユナイテッドから主導権を取り返した。

スターマン:クリス・スモーリング、フィル・ジョーンズをデイヴィッド・モイーズ監督は称賛。香川真司のクレバーで素早いプレーも目を引いた。

対戦相手情報:流れるようなパス、そして圧倒的なポゼッション支配率で試合をコントロール。前線にボールを運んだ際は常に危険な印象を与えた。特に印象的だったのは、ロッベンとフランク・リベリー。エヴラのゴールが決まってからはバイエルンの力が試された。そして、ユナイテッドには不運だったが、呆気なく王者が逆転してみせた。

サイドストーリー:今シーズンのバークレイズ・プレミアリーグではアウェーで最多勝利をあげ、ドイツでのアウェーゲームで5-0(レ

ページ 1 / 2 次へ »