登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

25/11/2015  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:レヴァークーゼン戦

オールド・トラッフォードで勝利したチャンピオンズリーグ・グループAレヴァークーゼン戦を振り返る。

試合総括:2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ初戦で勝ち点3を獲得。ウェイン・ルーニー、ロビン・ファン・ペルシー、アントニオ・バレンシアのゴールで快勝と呼べる結果を残した。

ゴールシーン:ルーニーはユナイテッドでの通算199、200ゴールを記録。ファン・ペルシーにとっては昨年10月以来初となるストレートフォード・エンド(オールド・トラッフォード西側スタンド)でのゴールとなった。また、4点目となったバレンシアは今シーズン初ゴール。低い弾道のドライブをゴールネットに突き刺した。

サイドストーリー:デイヴィッド・モイーズ監督にとっては最高の形でのチャンピオンズリーグ初勝利となったことだろう。ルーニーの通算200ゴールという記録も、モイーズ監督の初勝利に華を添えた。

スターマン:チャンピオンズリーグデビューを飾ったマルアーヌ・フェライーニ、そしてロビン・ファン・ペルシーも上々のプレーを披露したが、この日の主役はやはりルーニーだろう。先制点、3点目のゴールを記録した他、バレンシアのゴールもアシストした。

対戦相手分析:ドイツのチームはオールド・トラッフォードで落ち着いたプレーを見せ、ポゼッションで有利に立つと左サイドを起点に

ページ 1 / 2 次へ »