登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

25/11/2015  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:リヴァプール戦

キャピタルワンカップ3回戦でリヴァプールを下した試合を振り返る。

試合総括:トップクラブにとってリーグカップが意味する物などという議論は忘れてしまおう。エティハドで完敗を喫したユナイテッドにとってはプレッシャーがかかった試合だったかもしれないが、好結果を残し、再び良い流れに乗るきっかけになったと言えるだろう。スコアレスで終わった前半だったが、後半直後ハビエル・エルナンデスがウェイン・ルーニーのCKを直接押し込み先制。その後リヴァプールの反撃を抑え、1点を守り抜いた。

ゴールシーン:チチャリート(エルナンデスの愛称)らしさが光るゴールシーンだった。ホセ・エンリケのマークを外し、ルーニーのCKを絶妙なタイミングで押し込んでみせ、輝きを放った。

サイドストーリー:ルイス・スアレスの復帰という話題もあったが、中心はユナイテッドがシティー戦の完敗を払拭できるかにあった。ライアン・ギグスではなくルーニーが主将に指名されたのも少々サプライズではあったが、勝利。ヨーロッパでの大会に出場していないリヴァプールの目標を挫く結果となった。

スターマン:CBのクリス・スモーリング、ジョニー・エヴァンスのパフォーマンスも去ることながら、好調を維持するルーニーのプレーが冴え渡った。

対戦相手分析:サウサンプトンに敗れたとは言え、今シーズンは開幕から好調をキープ。ベテランのスティーヴン・ジェラードはリヴァ

ページ 1 / 2 次へ »