登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

27/10/2013  Report by Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:ストーク戦

ホームでのストーク戦を振り返る。

試合総括:ピーター・クラウチに不用意なゴールを許し、ロビン・ファン・ペルシーの同点ゴール直後にマルコ・アルナウトヴィッチに逆転されるなどフラストレーションが溜まる展開となったが、後半、僅か3分の間に2ゴールを決めて逆転に成功。ウェイン・ルーニー、そしてチチャリートが決勝ゴールを決め、サポーターも胸を撫で下ろした。

ゴールシーン:ファン・ペルシーのゴールシーンからは、ストライカーとしての嗅覚の鋭さが改めて証明されたと言える。ルーニーのヘディングシュートも素晴らしく、途中出場のチチャリートはパトリス・エヴラのクロスを自らの持ち味を生かして決め、形勢を逆転させた。チチャは対ポッターズ(ストークの愛称)戦で通算5ゴールを記録している。

スターマン:アルナウトヴィッチにゴールを許したものの、ダビド・デ・ヘアが好セーブの連続でゴール前を死守し、ストークの攻撃陣を静かにさせた。ルーニーは中盤の起点となり同点ゴールを記録した。

サイドストーリー:デイヴィッド・モイーズ監督の積極采配が見事に的中。アドナン・ヤヌザイがピッチに入った後、ストークはイエローカードを2枚受けた。続いて投入されたアントニオ・バレンシア、チチャリートのプレーにより、相手は相当なプレッシャーを受けただろう。

対戦相手分析:マーク・ヒューズ監督はオールド・トラッフォードで勝ち点3を挙げようと果敢に攻めた。ストークで目立ったのは中盤

ページ 1 / 2 次へ »