登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

20/10/2013  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:サウサンプトン戦

ホームでのサウサンプトン戦を振り返る。

試合総括:試合に上手く入れていたのはサウサンプトンの方で、ポゼッションで上回り、ボールを保持していない時でも強いプレッシャーをかけていた。それでもユナイテッドは徐々にペースを掴み、ロビン・ファン・ペルシーのゴールで先制。後半は前半よりもエキサイティングな展開となったが、クロアチア人DFデヤン・ロヴレンの同点ゴールが致命傷となった。惜しむらくはウェイン・ルーニーとファン・ペルシーのシュートが二度も相手ゴールの枠に弾かれたことか。

ゴールシーン:アドナン・ヤヌザイが相手DFの裏に出したスルーパスに反応し、ルーニーのシュートはアルトゥール・ボルツに弾かれたが、詰めたファン・ペルシーが決めた。

スターマン:ヤヌザイは、この試合で何故チームが試合当日の朝に5年契約の締結を発表したかを証明してみせた。アシストを記録したばかりか、惜しくもセーブされたが強烈なミドルシュートも放った。

サイドストーリー:世界にその才能が認められたヤヌザイは、今後も相手チームから激しくマークされるだろう。マッチアップしたナサニエル・クラインには激しいチャージを受け、試合前に名前がコールされるとオールド・トラッフォードで一際大きな歓声が起こった。クラインだけではなく、モルガン・シュネイデルラン、ヴィクター・ワニアマもカードを覚悟でティーンネイジャーを止めが場面も見られた。やられたらやり返す姿勢によりカードをもらったが、今後も相手から挑発的なプレーを受けるのは目に見えている為、カッとなっても一呼吸置いて冷静になる必要がある。

ページ 1 / 2 次へ »