登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

12/10/2013  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

8:人種の壁を打破

ポール・インスが人種の壁を打ち破りイングランド代表キャプテンに就任した。

選手:ポール・インス
試合:1993年6月6日、アメリカ 2-0イングランド(フォックスボロ)

ポール・インスは1993年のUSカップ米国戦で、黒人としては史上初となるイングランド代表主将を任された。

その15年前にはヴィヴ・アンダーソンが黒人選手として史上初めてイングランド代表入りを果たしたが、代表主将という立場は国民的話題となるだけに、インスの快挙に対する声は高まった。

当時のイングランド代表監督だったグラハム・テイラーは、デイヴィッド・プラット、トニー・アダムスが欠場したことを受け、代表デビューから1年未満だった闘争心旺盛なMFを主将に任命。

1984年のブラジル戦でゴールを記録したジョン・バーンズが酷い人種差別を受けたように、かつては黒人選手が差別を受けていた歴史を鑑みれば、イングランド代表主将に任命されたことは歴史に残る瞬間になったと言える。

試合自体はイングランドが2-0で敗退したものの、インスが主将としてプレーした事実が、その後のイングランド代表史にポジティブな影響を与えた。

ページ 1 / 2 次へ »