登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

13/10/2013  Report by Nathan Thomas
ページ 1 / 2 次へ » 

7:W杯出場を決めたベッカム弾

シアター・オブ・ドリームスで生まれた試合終盤のゴールが7位にランクインした。

選手:デイヴィッド・ベッカム
試合:2001年10月6日、イングランド2-2ギリシャ(オールド・トラッフォード)

イングランドは1998年の仏ワールドカップでアルゼンチンにPKの末に敗れた。それから3年後の2001年、当時の代表主将だったデイヴィッド・ベッカムが、過去の悪夢を振り払う一撃をギリシャとのワールドカップ予選で決め、イングランドは2002年のワールドカップ本大会出場を確定させたのだった。

先制を許したスリーライオンズ(イングランド代表の愛称)は、テディ―・シェリンガムが同点ゴールを決めて振り出しに戻したものの、デミス・ニコライディスに勝ち越し点を決められ窮地に立たされた。仮に敗れればプレーオフ進出となってしまうという状況の中、試合は無情にも追加タイムに突入。

93分、イングランドはゴールまで約27mの地点でFKを獲得する。キッカーを自ら所望したのはベッカム。そしてこの決断が正しかったことが、数秒後に証明された。ベッカムが放ったFKは美しい放物線を描き、トップコーナーに吸い込まれた。

ページ 1 / 2 次へ »