登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

13/10/2013  Report by James Tuck

6:ロブソンの速攻ゴール

1982年のワールドカップで、イングランドはブライアン・ロブソンのゴールで勢いに乗った。

選手:ブライアン・ロブソン
試合:1982年6月16日、イングランド3-1フランス

ブライアン・ロブソンは1982年のワールドカップ・グル―プステージ初戦となったフランス戦で、開始27秒でゴールを記録した。

スティーヴ・コッペルスローインをテリー・ブッチャーが頭で流したボールをロブソンがボレーで打ち込み、イングランドが先制。当時としてはワールドカップ史上最速のゴールとなった。後半にもロブソンはヘディングでゴールを決め、イングランドが3-1で勝利。

ラウンド1で全勝したイングランドは、今大会で実験的に導入されたラウンド2に進出したが、強豪スペイン、西ドイツとの争いに苦しみ、ここで脱落。開幕戦でイングランドに敗れたフランスが準決勝進出を果たした。

2002年にトルコのハーカン・シュキュルが韓国戦で開始10秒にゴールを決めるまでの間、ロブソンの記録は破られなかった。

【関連記事】
20:ロブソンのハットトリック