登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

14/10/2013  Report by Nathan Thomas
ページ 1 / 2 次へ » 

3:チャールトン最後のゴール

ボビー・チャールトンは数々のゴールで知られているが、今回はチャールトンのイングランド代表49ゴール目を紹介する。尚、この49ゴールはイングランド代表歴代ゴール数1位となっている。

選手:ボビー・チャールトン
試合:1970年5月、コロンビア対イングランド(コロンビア・ボゴタ)

1970年のワールドカップの前哨戦として行われたコロンビア戦で、イングランドは2-0のリードを奪っていたが、ペナルティ・エリアのすぐ外に待ち構えていたMFマーティン・ピータースの元へボールが転がってきた。

そしてピータースは難なくボールをコントロールし、チャールトンへパス。チャールトンはこれまでの数々のゴールと同じく強烈なシュートを放ち、見事にイングランドの3点目を決めた。

この時のチャールトンはまだ知らなかったが、これが本人にとってイングランド代表としての最後のゴールとなった。イングランド代表としての49ゴールは未だに破られておらず(2位はギャリー・リネカーの48ゴール)、またこの先もしばらくは破られないと言われている。

尚、このゴールを決めるまでに既にチャールトンはレジェンドとしての存在を確立していた。ユナイテッドをミュンヘンの悲劇から立ち直してヨーロッパカップ優勝まで率い、また1966年ワールドカップ優勝の立役者であったボビーは既にフットボール界のアイコンの1人とされており、世界中のフットボーラーから尊敬されていた。

ページ 1 / 2 次へ »