登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

15/10/2013  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

2:シュマイケルの大活躍

ピーター・シュマイケルを擁するデンマークが制したユーロ92を振り返る。

選手:ピーター・シュマイケル
試合:ユーロ92(スウェーデン)

デンマーク代表のピーター・シュマイケルは1992年にスウェーデンで開催されたユーロ92で優勝。インターナショナルフットボール史上最も意外とも言えるサクセスストーリーの立役者となった。

この年、ユナイテッドへ移籍してからわずか1年のシュマイケルはユーロ開催のわずか1週間前に急きょユーゴスラヴィアでキャンプを張っていたデンマーク代表に招集された。

準備不足が指摘されていたデンマークはユーロでの活躍は期待されておらず、イングランド戦を引き分けに終え、またホスト国スウェーデンに敗れたことからそれが現実のものになりつつあった。

しかし、グループリーグ最終戦のフランス戦を2-1で勝利すると、デンマーク代表はその才能を開花させ、一気に準決勝まで勝ち上がる。元々デンマーク代表は1980年代中盤にはその攻撃的なフットボールでユーロやワールドカップで活躍していた。尚、この頃のデンマーク代表は元ユナイテッドDFヨン・シヴァベークを擁していた。

そしてユーロ88の王者オランダを迎えた準決勝は白熱した試合となり、PK戦までもつれ込んだが、シュマイケルがオランダの誇るマルコ・ファン・バステンを止めるなど大活躍を見せチームを決勝に導くと、その勢いのまま決勝でドイツ

ページ 1 / 2 次へ »