登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10/10/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

14:アメリカンドリーム

ユナイテッド所属のアイルランド代表選手2人がワールドカップで偉大な勝利を収めた。

選手:デニス・アーウィン、ロイ・キーン
試合:1994年6月18日、イタリア対アイルランド(ニューヨーク・ジャイアンツスタジアム)

1994年ワールドカップアメリカ大会でアイルランドがイタリア相手に1-0の勝利を収めた試合ほど、大きな番狂わせはないだろう。

この年のイタリア代表は優勝候補筆頭に数えられていたが、まさにアメリカの独立宣言にある「人類はみな平等である」を表現するかのように、グリーンのユニホームに身を包んだアイルランド代表はフランコ・バレー時、パオロ・マルディーニ、ロベルト・バッジオを擁するイタリア代表に果敢に勝負を挑んだ。

蓋を開けてみるとこの試合で目立ったのはイタリア代表のビッグネームではなく、ジャック・チャールトン監督率いるアイルランド代表で、ユナイテッドに所属していたデニス・アーウィンとロイ・キーンはチームの主軸として活躍。前半11分のレイ・ホートンの決勝ゴールを生みだした。

この大番狂わせは大々的に報じられ、次のグループE対メキシコ戦では敗れたものの、ノルウェーと0-0で引き分けていたアイルランドは決勝トーナメントに進出することになった。結果的に次の決勝トーナメント1回戦対オランダを2-0で落とし、彼らの大会は終わってしまったがこのイタリア戦の勝利は長きに渡って語られる試合となった。

ページ 1 / 2 次へ »