登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

16/10/2013  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

1:1966年W杯決勝

ユナイテッド史上に残る代表戦を特集してきたが、最後を飾るのは、レジェンド2人が母国を世界最高峰に導いた試合。

選手:ボビー・チャールトン、ノビー・スタイルズ
試合:イングランド4-2西ドイツ(1966年、ウェンブリースタジアム)

ユナイテッドの人気選手2人が、イングランドのフットボール史上に残る出来事の達成に貢献した。

ボビー・チャールトン、そしてノビー・スタイルズは、1966年のワールドカップ決勝戦で起用され、4-2で西ドイツを下した試合に貢献。

ノビーは大会を通してMFとして高く評価され、準決勝ポルトガル戦ではエウゼビオを徹底マークし何もさせなかった。

チャールトンは決勝までに3ゴールを記録。ポルトガルとの準決勝では2ゴールを挙げた。

決勝戦は非常にドラマティックな展開になったと言える。
イングランドが2-1とリードし、試合終了まであと僅かとなった時、西ドイツのヴォルフガンク・ウェバーが同点ゴールを記録。
延長戦にもつれたものの、ジェフ・ハーストがハットトリックを記録し、勝利を決定づけた。

ページ 1 / 2 次へ »