登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

11/11/2013  Report by ManUtd.jp
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:勝ち取った勝点3

ホームでのアーセナル戦を振り返る。

試合総括:2000年はじめに見られたユナイテッドとアーセナルの攻防が甦ったかのような激戦となり、ホームのユナイテッドが勝利。前半の攻勢から先制点を奪うと、後半アウェーサイドの猛攻を耐え凌ぎ、大きな大きな勝ち点3を獲得した。

ゴールシーン:ウェイン・ルーニーのCKを見事に頭でファーコーナーに流したロビン・ファン・ペルシーの技術の高さが光るゴールシーンだった。

スターマン:試合を通して見れば、クリス・スモーリングとフィル・ジョーンズの堅守が無ければどうなっていたかわからないような試合だった。ルーニーの攻守に渡る存在感は普遍的であり、今節に限って言えば、サポーターは全選手のプレーを誇らしく感じたのではないだろうか。

サイドストーリー:今シーズンの優勝争いに加わるのは確実な2チームの実力の高さが見て取れた。まだ抜きん出た存在が無いが、王者ユナイテッド、そして著しくチーム力を上げたアーセナルが優勝争いの中心になっていくと思われる。そう感じた試合だった。

試合の流れを変えた瞬間:後半は徐々に失速し始めたが、ホームでサポーターの声援を受け続け、勝利で終えられた。ファン・ペルシーの先制ゴ

ページ 1 / 2 次へ »