登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

28/11/2013  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:5ゴールの圧勝劇

アウェーでのレヴァークーゼン戦を振り返る。

試合総括:ユナイテッドが冷酷なまでにゴールを連取し、ブンデスリーガ2位のチームを撃破。本音を言えば、5ゴール以上に得点を取れていたかもしれない展開だった。ウェイン・ルーニーの活躍も去ることながら、先制点を決めたアントニオ・バレンシアがティーンエイジャーのエムレ・ジャンを圧倒。チャンピオンズリーグのアウェーゲームとしては、最多得点での完勝となった。

ゴールシーン:先制点、2点目はルーニーのアシストから生まれ、ジョニー・エヴァンスが決めた3点目もゴール前にいたルーニーから生まれた。また、クリス・スモーリングが決めた4点目をお膳立てしたのもルーニー。5点目はライアン・ギグスの浮き球をナーニがしっかりと決めてみせた。

スターマン:マン・オブ・ザ・マッチ候補にはエヴァンス、バレンシア、そしてトップ下として先発出場した香川真司を選出したが、ルーニーの活躍が光った。

サイドストーリー:多くのユナイテッドサポーターは、シンジが本来のポジションで起用されたことを喜んだだろう。日本代表MFは期待を裏切らないパフォーマンスを見せ、ドイツでの試合で勝利に貢献。ホームに強いレヴァークーゼンという条件に加え、カーディフとのリーグ戦では不甲斐ない結果に終わっただけに、難しい試合になると見られていた。

ページ 1 / 2 次へ »