登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

02/11/2013  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:快勝のフルアム戦

アウェーでのフルアム戦を振り返る。

試合総括:ユナイテッドが勝ち点3を獲得するに相応しい試合内容だった。アントニオ・バレンシアのゴールで先制したが、勝因はロビン・ファン・ペルシーとウェイン・ルーニーのコンビネーションから成るプレーだったと言える。ファン・ペルシーが2点目を決めた直後、オランダ人ストライカーからのピンポイントパスをルーニーが押し込んだシーンは、まさに2人の連携を象徴するシーン。後半オウンゴールで1点を失ったが、ユナイテッドが勝利に値するプレーをした。

ゴールシーン:全てのゴールが質の高いプレーから生まれた。ファン・ペルシーは全てのゴールに絡む活躍で、自身のゴールはアドナン・ヤヌザイからのパスを受けて冷静にゴールを決めた。

スターマン:攻撃の中核を担ったルーニー、ファン・ペルシー、ヤヌザイのプレーが光った。ネマニャ・ヴィディッチも最終ラインを統率し、試合を通して誇らしいパフォーマンスを披露した。

サイドストーリー:デイヴィッド・モイーズ監督は、ルーニーとファン・ペルシーが試合の流れを作ったと称賛。今回のような内容ならば、誰もユナイテッド指揮官を批判出来ない。今後は得点、そしてアシストの両面で、ストライカーデュオは更なる活躍を見せてくれるだろう。

対戦相手分析:数回ゴールシーンとなりそうなシーンはあったものの、フルアムが試合を通してユナイテッドを脅かした場面は少なかった。唯一の得点も、ユナイテッドの不運が重なったもの。

ページ 1 / 2 次へ »