登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

11/03/2013  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

チェルシー戦でのシンジ

日曜日のFAカップ対チェルシー戦でシンジが先発した。

ホーム開催ではあったが、2得点を奪ったあとでもオールド・トラッフォードには今ひとつ活力が感じられなかった試合だったため、シンジは伝統あるFAカップ特有の熱っぽい雰囲気を味わうことができなかったかも知れない。

しかしながら、自分自身のプレーにはある程度満足しているだろうと私は考えている。

中盤左サイドで先発したシンジは両ゴールに直接絡むことはなかったにせよ、ユナイテッドの攻撃の殆ど全てに何かしらの形で関わり、良い影響をもたらしていた。

チェルシーのDFラインと中盤の間のスペースをいつも通り自由に動き回り、自信を持ったパスワークを見せ、激しい肉弾戦の中にも笑顔が見受けられたシンジは楽しそうなプレーに終始した。

残念ながらユナイテッドは後半に2点のリードを追い付かれてしまい、ユナイテッドも2点目の失点の直前からロビン・ファン・ペルシーを投入し、シンジも中央トップ下へポジションを移すなど手を打っていたものの、結局シンジは3点目に絡む活躍を見せられず75分に交代した。

しかし、シンジはピッチに残っているユナイテッドの選手の中で、最も動けている選手の1人であり、決勝点に絡める可能性も見えていたため、この交代は少々納得がいかない采配だった。

ページ 1 / 2 次へ »