登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

アンドレイ・カンチェルスキス
生年月日:69年1月23日生まれ
出身地:ウクライナ・キロヴォフラード
ユナイテッド在籍期間:91-95
デビュー:91年5月11日 クリスタルパレス3-0ユナイテッド
出場試合数:132(29)
通算ゴール数:36
27/03/2013  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

往年の名選手:カンチェルスキス

アンドレイ・カンチェルスキスは1991年3月26日にユナイテッドと契約した。

ユナイテッドのファンの間で絶大な人気を誇ったカンチェルスキスは90年代初頭のユナイテッドに多大な貢献を果たした選手だが、今回本人にインタビューをし、当時を振り返ってもらった。

移籍について
オールド・トラッフォードは有名なスタジアムであり、またビッグクラブへの移籍ということで、私にとって非常に大きな出来事だった。イングランドへは一度しか行ったことがなかったので、メンタリティの違いも感じたし、友人からも離れてしまった。大きなステップとなったが、クラブの皆さんや素晴らしいファンに恵まれて素敵な4年間を過ごすことができた。

思い出の試合
5-0で勝利した対シティー戦だろう。ダービーマッチということもあってオールド・トラッフォードは素晴らしい雰囲気だったし、私たちのプレーも良かった。私が初めてハットトリックを決めた試合でもあったので、良く覚えている。

思い出のゴール
ベストゴールは1992-93シーズン、対QPR戦のゴールだろう。ピーター・シュマイケルがボールを私に向かって投げてくれたあと、2タッチでゴールした。2タッチで抜け出してゴールを決められたので、信じられなかった。

当時の友人
ベストフレンドという訳ではなかったが、当時ホテル暮らしだった私と家族をシュマイケル、スティーブ・ブルース、ブライアン・ロブソンが助けてくれた。常に話しかけてくれて、イングランドのフットボール、それに生活について色々と教えてくれた。

最高の思い出
1994年の2冠だろう。リーグ優勝をして、ウェンブリーで行われたFAカップ決勝ではチェルシーを相手に勝利を収めた。凄く幸せな思い出なので、私にとって最高の思い出と言って良いだろう。

最近について
今はロシアに戻っている。FCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロドでアシスタントコーチを務めている。それ以前は2年半に渡ってヘッ

ページ 1 / 2 次へ »