登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

27/03/2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

OTプレスボックス

今シーズンのチャンピオンズリーグで実現したユナイテッド v レアル・マドリーについて、ジョゼ・モウリーニョ監督は「世界中が熱視線を送る一戦」と形容。世界各国で 2 億人がテレビを通じて観戦したビッグマッチを表現するには適切な言葉だったと言える。

試合当日の夜、オールド・トラッフォードには各国のジャーナリスト、カメラマン、コメンテーター、プロデューサー、エンジニアなど、メディア関係者42人が集結。皆、世紀の一戦の一挙手一投足をフットボールファンに伝えようと仕事に集中していた。

スタジアム内に設置されたプレスボックスには20ヵ国から取材に訪れたジャーナリスト280人、フォトグラファー40人、そしてカメラマン20人が陣取り、ピッチ上でプレーした選手の出身国ではないベルギー、チェコ、ハンガリー、ルーマニアなど欧州の各国も、フットボールの震源となったオールド・トラッフォードで起こった出来事をレポートする為、人員をグラウンドに送った。

当然ながら公式サイトであるManU.com、MUTVのクルーも同席。サウススタンドに設置されたプレスボックスはメディア関係者でごった返し、備え付けられたデスクで試合に関する各々の見解を書き記していた。

画像をクリックしてオールド・トラッフォードのプレス用施設ヴィジュアルツアーを堪能して頂きたい!

ページ 1 / 2 次へ »