登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

03 June 2013  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

シーズンレビュー:5月

リーグ優勝トロフィー授与、合計10ゴールのゴールラッシュ、そして26年続いた一時代の終わりでシーズンは締め括られた。

月間レビュー
チェルシー戦ではフアン・マタのゴールで敗れたものの、その3日後、サー・アレックス・ファーガソン監督が勇退を発表。世界中のフットボール界に衝撃が走った。更にポール・スコールズも今シーズンを最後に現役から完全に身を退くことを発表。ファーガソン監督にとって最後のホームゲームとなったスウォンジー戦では、リオ・ファーディナンドが勝ち越しゴールを決め、優勝トロフィー授与式を感動的なものとした。そして今シーズン最終戦となったウェスト・ブロムウィッチ戦では怒涛の打ち合いとなり、5-5のドローで12-13シーズンを締めくくった。

印象的なシーン
4月末にリーグ優勝を決めていたユナイテッドにとって、26年もの間チームの指揮を執ってきたファーガソン監督の勇退に勝るストーリーは存在しない。勇退発表後、デイヴィッド・モイーズ新監督の就任を発表。今後もユナイテッドは安定したチーム作りを新監督と共に進めていく。

スターマン
チェルシー戦こそ出場機会を与えられなかったものの、香川真司はスウォンジー戦、そしてウェスト・ブロムウィッチ戦で活躍。ファーガソン監督をして、「来シーズンのキーマンになる」と言わしめた。

月間順位
リーグ優勝を果たしたユナイテッドは、最終的に勝ち点89でシーズンを終了。2位シティーに勝ち点11差をつけ、タイトルを奪還した。

ページ 1 / 2 次へ »