登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

12/02/2013  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

シンジ、レアル戦に出場か?

シンジは日曜日のエヴァートン戦を欠場したが、それには正当な理由があった。

先週末のプレミアリーグの試合としてはもっとも遅いキックオフとなったエヴァートン戦だが、シンジは週半ばに神戸で開催された日本対ラトビア戦に出場したため、日本からマンチェスターへ戻ってから2日しか経っておらず、そのためファーガソン監督はフィジカルコンタクトが求められる強豪エヴァートン戦に向けては休養が不十分だと判断し、欠場させた。

しかし、シンジの欠場は明日開催されるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、対レアル・マドリー戦を睨んでの判断だったように思える。シンジは今回帯同する22人に含まれており、明日の試合で特別な役割を与えられる可能性が高い。

豊富な攻撃陣を誇るレアルは、ホームとなる第1戦で高いポゼッションを誇るフットボールを繰り出してくることが予想されるため、それに対応するスタミナとエネルギーを持つ選手が求められるが、シンジにはそれらが備わっている。

よって、レアル戦でのシンジにはキャリックとコンビを組んで中盤を自由に動き回りつつ、レアルの攻撃の芽を摘む役割が与えられる可能性が高い。

もしくは、ルカ・モドリッチ、メズート・エジル、またはクリスチアーノ・ロナウドといったレアルのキープレイヤーに対するマンマークを命じられる可能性もあるだろう。かつてパク・チソンがACミランのアンドレア・ピルロを見事に封じ込めた姿を思い出して欲しい。

ページ 1 / 2 次へ »