登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

27/02/2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

DJエヴラ「まだ自分がNo.1」

ユナイテッド不動の左 SB としてプレーするパトリス・エヴラは、選手としての能力に疑問を持たれることは少ないが、ドレッシングルーム内の DJ という面においては、最近になって異論が飛び交い始めた。

ダニー・ウェルベック、アシュリー・ヤングの両選手は、試合前のドレッシングルーム内でかかるエヴラ選曲の音楽について、「ややスローテンポになった」と指摘する。

「最近ドレッシングルームでの選曲について話し合ったよ。パトリスは良い曲をたくさん持っているけれど、少しばかり年をとったのかな。テンポが少しゆっくりになったよ。彼が年をとったとは言わないけれど、そろそろDJも変わるタイミングじゃないかな!」とウェルベック。

ヤングもこれに呼応。「少しスローな曲が増えたね。試合前に聴く曲としてはベストじゃないかも。ただ、彼は良いDJだし、曲のストックも豊富だから」と語った。

こうした意見を伝え聞いたエヴラは、「アシュリーもダニーも、彼らのiPodをドレッシングルームのスピーカーに繋げられるよ。きっとすぐに外されるだろうけれどね」と一笑。
「試合前に聴く音楽を選曲するのは好きでね。自分が好きな曲ではなくて、皆が気にいる曲を選んでいるんだよ。ダニーがヒップホップ好きというのなら、それは彼の問題。色々なジャンルの曲をかけているからね。それこそ良いDJの証さ」

ページ 1 / 2 次へ »