登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

19/12/2013  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:嵐のストーク戦

アウェーでのストーク戦(キャピタルワンカップ)を振り返る。

試合総括:要塞と称されるブリタニア・スタジアムのホームサポーターの声援は凄まじく、時に対戦相手を全く寄せ付けないとも言われているが、この日は嵐のような大雨で試合が一時中断するアクシデントが発生。およそ8分後に再開され、ユナイテッドは後半アシュリー・ヤング、パトリス・エヴラがゴールを決め、勝利した。

ゴールシーン:ハビエル・エルナンデスからのパスを躊躇せずミドルシュートで決めたヤングは、2点目にも絡む活躍を見せた。ヤングからのパスを受けたエヴラが右足で追加点を奪取。ファーコーナーにシュートを決めた。

スターマン:アストン・ヴィラ戦で2ゴールを決めたダニー・ウェルベックからは自信が見て取れたが、この日はヤングが称賛されるべき。ミドルシュートで停滞していた流れを一気に変える働きを見せた。2点目を決めたエヴラは、ジョニー・エヴァンス、クリス・スモーリングと共に無失点での勝利に貢献した。

サイドストーリー:試合前にウェイン・ルーニーの負傷を明かしたデイヴィッド・モイーズ監督は、エースの復帰がクリスマス時期になると示唆。ロビン・ファン・ペルシーに続き、ストライカーが離脱することとなった。過密日程が続くユナイテッドにとっては不安材料。監督は開幕からの26試合で16パターン目となる最終ラインを組んだが、3試合続けてのクリーンシート(無失点)勝利を記録している。

ページ 1 / 2 次へ »