登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

16/12/2013  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:非情なユナイテッド

アウェーでのアストン・ヴィラ戦を振り返る。

試合総括:序盤こそヴィラのプレッシャーに苦しんだものの、前半終了までに完全に主導権を握ったユナイテッド。ホームサイドは逆に低迷し始めてしまう。バークレイズ・プレミアリーグ王者は、狡猾さを生かし、決定機に決める重要性を、若手を中心としたチームに見せつけたのだった。

ゴールシーン:アドナン・ヤヌザイのパワフルなヘディングシュートがポストに弾かれたところをダニー・ウェルベックが蹴り込み先制。その2分後にはアントニオ・バレンシアとウェルベックがパスを交換し合い、低いクロスに滑り込んでゴール。3点目はウェイン・ルーニーのパスを受けたトム・クレヴァリーが、GKブラッドリー・グザンの手をすり抜けるようなシュートを決めてみせた。

スターマン:大腿部を痛め欠場することがわかったロビン・ファン・ペルシーに代わり、ウェルベックがFWに求められる結果を残した。23歳のウェルベックは、積極性と強い決意を持ってチャンスをものにしてみせたと言える。また、バレンシアもアントニオ・ルナとのマッチアップを制する場面を多く見せ、ヤヌザイも最近出場した試合の中では印象に残るパフォーマンスを披露した。

サイドストーリー:試合前にMUTVの取材を受けた際、ウェルベックはストライカーとしてプレーする希望を口にしていた。そして、ファン・ペルシー欠場によって訪れた機会をものにした。クレヴァリーは得点だけではなく、中盤で効果的な動き、豊富な運動量でヴィラの中盤に目立ったプレーを許さなかった。

ページ 1 / 2 次へ »