登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

27/12/2013  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

試合総括:大逆転勝利

3-2で勝利したアウェーでのハル戦を振り返る。

試合総括: 昨シーズンのボクシングデイと同様に、今シーズンも見事な逆転勝利を収めたユナイテッド。ハーフタイムまでに同点に追いつくと、ジェイムズ・チェスターのオウンゴールにより逆転。結果こそついてきたが、アントニオ・バレンシアが2枚のイエローカードにより退場となった点だけが頂けなかった。

ゴールシーン:元ユナイテッドのチェスターのゴールから試合は動き、続いてデイヴィッド・メイラーが追加点を記録。ユナイテッドはクリス・スモーリングが、相手GKアラン・マクレガー越しにヘディングシュートを決めて1点を返すと、ウェイン・ルーニーがユナイテッドでのプレミアリーグ通算150ゴール目となる、ハーフボレーを決めて同点に追いついた。
そして後半、アシュリー・ヤングのクロスをチェスターが頭で自陣に押し込んでしまい、ユナイテッドが逆転勝利を収めた。

スターマン:ヤング、そして1年以上ぶりに先発出場したダレン・フレッチャーも去ることながら、ルーニーの活躍は絶対に外せない。3点の内2点に絡み、自らもゴールを記録。チームを牽引した。

サイドストーリー:2012年12月1日以来となる先発出場をフレッチャーが果たした。ユナイテッドサポーターから声援と称賛を受けたフレッチャーは、61分にハビエル・エルナンデスと交代。退場となったバレンシアは、次節ノリッチ戦で出場停止となる。

ページ 1 / 2 次へ »