登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

16/12/2013  Report by Nathan Thomas
ページ 1 / 2 次へ » 

プロフ:オリンピアコス

チャンピオンズリーグ・ベスト16で対戦するオリンピアコスのチーム情報を紹介。

グループCでの戦績:グループ首位で通過したパリ・サンジェルマンにはホーム、アウェーで共に敗れたが、残る2チーム(ベンフィカ、アンデルレヒト)との対戦では負け無しとした。特にアンデルレヒトから2勝を挙げられたのは大きかったと言える。最終的にベンフィカと勝ち点10で並んだものの、直接対決の戦績で勝ち上がりを決めた。

グループステージで印象に残った試合:アンデルレヒトに3-0で快勝した試合もあったが、ポルトガル王者と明暗を分ける結果に繋がったホームでのベンフィカ戦を挙げたい。1-0でオリンピアコスが勝利した結果の影には、GKロベルトの超ファインセーブがあった。決勝点を決めたのは、コスタス・マノラス。僅差での勝利だったが、もし同試合を落としていたら、勝ち上がれていなかった。

注目選手:ストライカーのコスタス・ミトログルとハビエル・サビオラ。グループステージでは両選手だけで5ゴールを記録している(ミトログルが3ゴール、サビオラが2ゴール)。グループステージ最終節のアンデルレヒト戦で2ゴールを決めたサビオラは、「今日は最高。感動的な日になったよ。チャンピオンズリーグは特別な大会だし、今日のゴールはチームにとっても重要だった。次のラウンドは相当に厳しい。ベストなチームと対戦しないといけないからね。ただ、グループステージを勝ち上がったことで気を抜いてはいけない」と語った。

監督:元現役選手のミチェルが今年2月に監督に就任。2012-13シーズン優勝にチームを導いた。ノックアウトステージに向け、監督は、「ハードワークをして、レベルアップしたい。選手達に借りが出来た。皆の頑張りを嬉しく思う」と

ページ 1 / 2 次へ »