登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

リオ・ファーディナンドは、試合前にセビージャ会長のホセ・マリア・デル・ニド氏から記念プレートを授与された。

画像をクリックしてギャラリーをチェックしよう。

10/08/2013  Report by James Tuck

ギャラリー:リオ顕彰試合

リオ・ファーディナンドは、セビージャに敗れながらも自身の顕彰試合を心から楽しんだと語った。

ファーディナンドは80分までプレーし、ピッチを去る際にはスタンドからスタンディングオベーションで称えられた。

ファーディナンドが去った時点で1点を追っていたユナイテッドだったが、後半の追加タイムにブライアン・ラベージョにダメ押しのゴールを決められ敗退。
デイヴィッド・モイーズ監督にとってもオールド・トラッフォードで初采配を振るった試合となったが、結果を残せなかった。

多くの観客に加え、リオの友人でもあるデニス界のレジェンド、ボリス・ベッカー、マジシャンのダイナモ、そしてラップ歌手のティンチー・ストライダーも来場し、顕彰試合に華を添えた。

画像をクリックして、ギャラリーをチェックしよう!

【関連記事】
ユナイテッド 1-3 セビージャ