登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

「ダービーデビューを果たしたシンジだが、打倒シティーに貢献するにはあまりにも時間が足りなかった」

09/04/2013  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

時間が足りなかったシンジ

シンジは月曜日のシティー戦に出場したが、それはあまりにも短いあっという間の出来事だった。

シンジは後半1点を追う展開の中、負傷したアシュリー・ヤングに代わってピッチに立ったが、打倒シティーに貢献するにはあまりにも時間が足りなかった。

しかし、シンジは短いプレー時間の中でも、まるで試合前に私が閲覧した複数のユナイテッドファンのフォーラム上の「シンジは先発すべき」という書き込みに応えるかのような才能溢れるボールタッチを数回に渡って披露。プレミアリーグ随一の屈強さを誇るシティーのDF陣を脅かした。

攻撃を担う4人の後方にマイケル・キャリックとライアン・ギグスを起用したアレックス・ファーガソン監督はゲームプランをしっかりと持っていたようだが、ギャレス・バリーとヤヤ・トゥレを同じ位置に置き、ユナイテッドと同じフォーメーションで挑んできたシティーは、ありとあらゆるユナイテッドの攻撃を防ぐような堅牢な守備を見せた。

ロベルト・マンチーニ率いるシティーのDF陣はもはや崩すことが不可能と思われるような強さであり、ユナイテッドは後半に何かしらクリエイティブな選手を投入する必要があるように思われた。そのため、シンジの投入が適任と思われたが、結局プレーしたのは最後の数分だけとなった。

ユナイテッドは残り7試合で勝ち点12のリードを持っているが、次節のストーク戦でこの敗戦から素早く立ち直る必要がある。シンジがこの試合に出場する可能性は十分に考えられるだろう。

ロビン・ファン・ペルシーとウェイン・ルーニーが共にシティー戦で活躍できなかったことを踏まえると、両選手、またはいずれかが欠場する可能性が考えられるため、もしそうなった場合はシンジがハビエル・エルナンデスの後方、つまり自分の得意とするトップ下で起用されることになるだろう。ただし、ストークのDF陣はフィジカルが強いため簡単な試合にはならないはずだ。

ページ 1 / 2 次へ »