登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

2012年5月の戦績

PL:ユナイテッド 2-0 スウォンジー
PL:サンダーランド 0-1 ユナイテッド

画像をクリックしてギャラリーをチェックしよう!
31/05/2012  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

シーズンレビュー:2012年5月

ユナイテッドがスウォンジーとのホームゲームを開始する直前、得失点差で首位を走るシティーが難敵ニューカッスルとのアウェーゲームで勝利したという情報がチームに伝えられた。

ユナイテッドはプロとして自分達の試合にだけ集中し、ポール・スコールズが復帰後4ゴール目、そしてアシュリー・ヤングの追加点により2-0で勝利。優勝争いの行方は最終節に持ち越されることとなった。

優勝の行方は、ユナイテッドがアウェーでサンダーランドと、そしてシティーがホームで降格の危機にいたQPRと対戦する試合結果次第ということに。
まず試合を決めたのはユナイテッドで、ウェイン・ルーニーのゴールを守りきり、スタジアム・オブ・ライトで勝ち点3を挙げ、暫定的に首位に浮上。

エティハドでは、絶対的に不利と予想されていたQPRが、パブロ・サバレタのゴールで先制するという意外な展開ながらも、ジョーイ・バートンが暴力行為の為に退場処分を受ける荒れた試合に。
するとQORが2-1で迎えた追加タイム、エディン・ジェコが同点ゴールを決めると、直後にはセルヒオ・アグエロが逆転弾を決め、シティーが土壇場でリーグ優勝を決めた。この情報はユナイテッドファンの心臓に深く突き刺さったことだろう。しかし、優勝トロフィー奪還というミッションは、その時点からスタートしたのだ。

月間最優秀ゴール:ヤング(vスウォンジー)
5月は3ゴールしか記録しなかったが、ヤングの得点力を象徴とするようなカーブがかかったシュートが選ばれた。

月間最優秀選手賞:アシュリー・ヤング
イングランド代表は、ユナイテッドでの1年目を良い形で締めくくった。ナーニに代わり最終節サンダーランド戦で先発に起用されたことからも、好調を維持していることがわかった。

同月印象に残ったコメント
「優勝を逃した形としては悔しいものだが、われわれはこの25年間で良い時も悪い時も経験してきた。その大半が素晴らしい経験になったと思っている」
― アレックス・ファーガソン監督

ページ 1 / 2 次へ »