登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

23/07/2012  Report by Gary Neville
ページ 1 / 2 次へ » 

ブログ:ネヴィルのツアー回想記

ユナイテッドレジェンドのガリー・ネヴィルが、現役時代に参加したアジアでのプレシーズンツアー、そして上海申花との親善試合について語ってくれた。

ユナイテッドのプレシーズンツアーでは、練習、親善試合、ファンとの交流、スポンサーとの面会、コーチングセッションへの参加、コミュニティーワークへの参加等が主なスケジュールで、それは今回も変わらない。

ファンとの交流は非常に重要。自分はユナイテッドで育ち、成長した選手だったし、チームへの愛着では誰にも負けないと思っていたけれど、ツアーで世界を周ってみると、こんなにも多くの情熱的なファンが世界中にいるのかと驚かされる。

彼らはオールド・トラッフォードで試合を観る為に大金を使うし、選手が宿泊しているホテルの外でキャンプして待つほど。練習場には大勢のファンが集まるしね。物凄い光景だよ! ファン1人1人と会うのは無理だけれど、彼らの国を訪問するのは良いこと。彼らの土地にあるスタジアムで試合をして、非日常を味わってもらえるからね。

海外でのユナイテッド人気は凄いよ。プレミアリーグの毎試合をテレビで見る為に遅くまで起きているし、ファンの皆がチームと深い結びつきを感じているんだ。彼らはユナイテッド、そしてフットボールに夢中だからね。

私にとってアジアを初めて訪問したのは、1995年。2週間滞在して、素晴らしい時間を過ごせた。たくさんのファンの前で試合をして、興味深いものも色々と見たし。当時は、“92年組”の若手にとっても初のツアーで、ファーストチームとの練習に参加出来たのは意味のあることだった。

ページ 1 / 2 次へ »