登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

バレンシア(2009-現在)
出場試合数:72(21)
ゴール数:14
獲得タイトル:プレミアリーグ優勝(2011)、カーリングカップ優勝(2010)、コミュニティシールド(2010)

カンチェルスキス(1991-95)
出場試合数:132(29)
ゴール数:36
獲得タイトル:UEFAスーパーカップ(1991)、プレミアリーグ(1993、94)、FAカップ(1994)、カーリングカップ(1992)、チャリティシールド(1993、94)

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

05 February 2012  Report by J Tuck, S Bibby
ページ 1 / 2 次へ » 

映像:バレンシアvカンチェルスキス

足首の負傷が完治したアントニオ・バレンシア( MF )は、ここ数カ月間コンディションのピークを維持している。

バルセロナのジョゼップ・グアルディオラ監督からも「世界ベストのウィンガー」と称されるバレンシアに対し、アレックス・ファーガソン監督は、かつてユナイテッドに所属したアンドレイ・カンチェルスキスよりも上と形容。
1990年代に活躍したカンチェルスキスとバレンシアは、頻繁に比較されている。

「アントニオはファンタスティック」、「タフでパワーもある。毎試合懸命にプレーしているし、試合の理解度も非常に高い」と、監督はInside Unitedのインタビューに答えた。

「カンチェルスキスよりもレベルは上だと思う。アンドレイは相手DFの裏を取る能力に秀でていたが、アントニオは自分でボールをコントロール出来て、しかもパスからチャンスを作って得点まで決められる」

ページ 1 / 2 次へ »