登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10/05/2011  Report by Nick Coppack

チチャリートに注目

ハビエル・エルナンデスの今シーズンの活躍は周囲を驚嘆させている。アレックス・ファーガソン監督も彼のパフォーマンスに魅了されている一人だ。

ファーガソン監督はメキシコ人ストライカーがユナイテッド入団1年目で身体的に成長し、イングランドのサッカーに馴染んだことを明かしている。ウェンブリーでのコミュニティー・シールドでユナイテッドデビューを飾ってから9ヶ月、チチャリートは20ゴールを積み重ねて先発の座を勝ち取るようになった。3月からの16試合でファーガソン監督はエルナンデスを11試合に先発起用している(3度の途中出場で2ゴールを奪っていることも特筆すべきだ)。

エルナンデスのユナイテッドでの活躍は二つに分けることができる。シーズン序盤は21試合に出場し(先発出場は9)、8ゴールを奪っているがそのうちの5ゴールは途中出場から奪っている。そして後半戦では22試合に出場して(先発出場は15)11ゴールを奪っている。その中で途中出場から挙げたゴールは3ゴールのみだ。つまり、今シーズンの彼は途中出場からゴールを重ねて先発の座を勝ち取り、今では先発出場した試合できっちりとゴールを奪っているのだ。

さらに、エルナンデスは様々なシュートを得意としている。

ページ 1 / 2 次へ » 


チチャの得点内容

得点記録

序盤戦の21試合
先発: 42%
途中出場: 58%
得点: 9

後半戦の22試合
先発: 68%
途中出場: 32%
得点: 12

部分別ゴール数

ヘッド:6
右足:11
左足:3

得点した際のチームの成績

勝利:15
引き分け:1
敗戦:1