登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

チャンピオンズリーグ決勝
1999年5月26日、カンプ・ノウ
観客数:9万45人

ユナイテッド 2
シェリンガム(91分)、スールシャール(93分)

バイエルン 1
バスラー(6分)

ユナイテッドメンバー:シュマイケル、G・ネヴィル、アーウィン、ヨンセン、スタム、ギグス、ベッカム、バット、ブロムクィスト(67分にシェリンガムと交代)、ヨーク、コール(81分にスールシャールと交代)

出場しなかった控え選手:ファン・デル・ホーヴ、P・ネヴィル、メイ、ブラウン、グリーニング

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

27 May 2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

映像:1999年の欧州制覇

1999 年のチャンピオンズリーグ決勝戦は、ユナイテッドがアディショナルタイムに 2 点を記録し、 2-1 と逆転勝利でトレブル (3 ) 達成を果たした。

マリオ・バスラーのFKで先制されると、ユナイテッドはその後もメーメット・ショル、カルステン・ヤンカーにあわやの場面を作られ、逆転は難しいと思われた。

アディショナルタイムが3分と発表されると、デイヴィッド・ベッカムのCKにピーター・シュマイケルも攻撃参加の為に前線に移動。何が何でも勝利を掴むという決意の表れだった。
コーナーキックに反応したライアン・ギグスが叩きつけるようにボールを蹴ると、これをテディ・シェリンガムが押し込み1-1の同点に追いつく。するとその2分後、再びベッカのCKにシェリンガムがヘッドで反応し、最後はオーレ・グンナー・スールシャールが合わせ、2-1で逆転勝利を挙げた。

バルセロナとの決勝戦を直前とした今、この劇的な逆転シーンを見て、今一度気持ちを奮い立たせよう!

ページ 1 / 2 次へ »