登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

新聞記事から
「ユナイテッドは困難と思われた山を難なく踏破して見せた。力強く3点を奪ったが、こんな試合をオールド・トラッフォードで見られるのは滅多にないだろう」

─ ボブ・ラッセル記者、『デイリー・ミラー』紙

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

21 March 2011  Report by Steve Bartram

名勝負:1984年のバルセロナ戦

「オールド・トラッフォードで感じた最高の雰囲気だった」とは1984年3月21日にカップウィナーズカップ準々決勝でバルセロナを下したときのブライアン・ロブソンのコメントである。

バックグラウンド:カンプ・ノウでの第1戦は、ユナイテッドが多くの好機を逃し、バルセロナが2-0でリードして第2戦を迎えた。敵にはディエゴ・マラドーナがおり、ユナイテッドが勝ち上がるチャンスは少ないように見えた。

試合経過:ユナイテッドはレミ・モーゼスがマラドーナを封じ込め、前線ではノーマン・ホワイトサイドとフランク・ステイプルトンがバルセロナのゴールに襲いかかり、5人のDFが脅かされるシーンはほとんどなかった。しかし一番の活躍を見せたのはブライアン・ロブソンで、2ゴールを決め、チームの3-0の勝利に貢献した。

試合後:終了のホイッスルと同時に多くのファンがピッチになだれ込み、ロブソンを肩車して、勝利を喜んだ。「私の歌が歌われ、背中を痛いほど叩かれたものだ。人生で最高の夜の1つを味わったよ」