登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

10月

ブルサスポル 3-0(A)
ウルヴズ 2-1(H)
シティー 0-0(A)
アストン・ヴィラ 2-2(A)
ウィガン 2-0(H)
レンジャーズ 1-0(A)
ブラックバーン 7-1(H)
ウェストハム 0-4(A)

月間最優秀選手:パク・チソン(復帰後のウルヴズ戦で2ゴールを記録)

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

09 June 2011  Report by Steve Bartram

10-11シーズンレビュー:11月

11 月はユナイテッドにとって非常にギャップのあった一ヶ月だったと言える。シーズン中最多となる得点を記録したかと思えば、シーズン初の敗戦を喫する等、波乱の連続となった。

ブルサスポル戦(チャンピオンズリーグ)を3-0で快勝後、ウォルヴァーハンプトン戦では試合終了直前に勝ち越し点を決め、2-1でなんとか勝利した。
これら2試合に出場したオーウェン・ハーグリーヴスにとっては、結果的にユナイテッドでのラストマッチとなった。

アウェーのアストン・ヴィラ戦では、またも苦戦し、終盤の得点で辛くもドローに持ち込むことに成功。続くレンジャーズ戦(チャンピオンズリーグ)では、アウェーで貴重な勝利を記録。更に、オールド・トラッフォードでのブラックバーン戦では7-1と激勝した。
しかし、ウェストハム戦(カーリングカップ)では0-4と良いところ無く敗れ、シーズン初の敗北となった。ユナイテッドがカーリングカップ序盤で姿を消したのは、2007年9月以来のこと。
それでもリーグ戦では首位をキープし、チャンピオンズリーグでも決勝トーナメントに駒を進めた。

【関連記事】
10-11シーズンレビュー:10月