登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

8月

チェルシー 3-1(N)コミュニティシールド

ニューカッスル3-0(H)

フルアム 2-2(A)

ウェストハム 3-0(H)

月間最優秀選手賞:ポール・スコールズ

同月注目の記録:ライアン・ギグスが21シーズン連続となるゴールを記録。

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

01 June 2011  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

10-11シーズンレビュー:8月

2010-11 シーズンをコミュニティシールド獲得からスタートさせたユナイテッド。強豪チェルシーとの試合では、アントニオ・バレンシアのゴールで勢いづいたユナイテッドは、移籍 1 年目のハビエル・エルナンデスがゴールを決め、ディミタール・ベルバトフが追加点を挙げ 3-1 で勝利した。

そして迎えたプレミアリーグ初戦では、ホームでニューカッスルと対戦。ベルバトフ、ダレン・フレッチャー、ライアン・ギグスのゴールで3-0と快勝。幸先の良いスタートを切った。

2戦目のフルアム戦は、その後ユナイテッドがシーズンを通して劣勢となったアウェーゲーム。フルアムのブレデ・ハンゲランのオウンゴールにより2-1と勝ち越したが、その後ナーニが決めていれば勝利を確実にしたPKを外し、終盤に追いつかれ2-2のドローとなった。
また、この試合ではポール・スコールズが通算150得点目となるゴールを記録。これが、スコールズの現役最後の得点となった。

3試合目のウェストハム戦(ホーム)では、ウェイン・ルーニーがシーズン初得点をPKでマーク。ナーニとベルバトフも続き、3-0と快勝。8月終了の時点で、ユナイテッドはチェルシーに続き2位とした。

ページ 1 / 2 次へ »