登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

特集

16/06/2011 
ページ 1 / 2 次へ » 

マイ・ユナイテッド

日本から2度にわたってオールド・トラッフォードを訪問したとマツヤマ リュウイチさんにオールド・トラッフォードの感想とユナイテッドへの思いを聞いた。

ユナイテッドファンになったきっかけは?
子供の頃に海外サッカーの試合を放送していた日本のテレビ番組がきっかけです。セリエAの時もあれば、ブンデスリーガ、やプレミアリーグの時もあったんです。ライアン・ギグスに強い印象を受けました。まだ幼い私にも、彼が他の選手とは違うということが分かりました。その後、番組が終了して、10年ほどはユナイテッドの試合を見られなかったんです。その後、1999年からケーブルテレビで再びユナイテッドの試合を見られるようになりました。ギグスは相変わらず素晴らしい選手でしたし、ユナイテッドはトレブルを達成しました。その瞬間を見られてとてもラッキーだったと思います。また、トヨタカップで来日したユナイテッドも見に行きました。

ユナイテッドの一番好きなところは?
ユースチームが良い選手を多く輩出していることですね。ギグス、ベッカム、ネヴィル、ブラウン、バット、スコールズなど。

オールド・トラッフォードには行ったことがありますか?
はい。2002年9月に友人と対ボルトン戦を見に行きました。そして、2010年12月には妻と対サンダーランド戦を見ました。オールド・トラッフォードを初めて訪れたのは2002年でしたが、すべてがエキサイティングで驚きの連続でした。感動で震え、泣きそうなぐらいでした。オールド・トラッフォード駅は、巨大なスタジアムの近くにあるのにとても小さいんです。日本の駅では多くのショップが入っていたりするので驚きました。2010年に行った時は、ファン・デル・サール、ヴィディッチ、ファーディナンドからサインもらいました。選手はみんな親切でしたが、特にチチャ

ページ 1 / 2 次へ »